これが、Orbisキャンピングカーの骨格!

お客様には、めったに見れない秘蔵蔵出しの写真!

カムロードシャシに乗せてあるサブフレームで、このフレームの上に床を作ってボディFRPシェルが載ります。

主に鉄の角パイプで構成されていて、強度計算値より丈夫側に少しオーバースペックにしてあります。

これによって歪みが少なく剛性の高い土台ができあがり、それによって走行中にボディFRPシェルや

木製家具のキシミ音が非常に少なくなり、若干重い重量は、空車状態でのサスペンションスプリングを

少し沈ませて跳ねの少ない運転フィーリングも生み出します。

005

サブフレームの全てのコマの中に厚さ45ミリの床下断熱材を仕込んであり、

走行中の路面からの音を和らげて、静粛な発電機と共に居心地の良い室内空間が生まれています。

conv0006