なんだかお天気が落ち着かないですね。
秋が運動会の学校はそろそろでしょうか?
我が家のちび怪獣たちの保育園は10月に行われます。
年長の娘は運動会の練習が楽しくて、お迎えに行けば
「リレーで勝ったよ!」
「負けて泣いちゃった。」
と報告をしてくれますが、3歳児の息子は
「ネェネを見てたよ。かわいくってかっこよかった。」
としっかりほめてくれます(笑)自分のことより姉をほめる。
将来どんな男性になっていくのだろう・・・
なんて考えてしまう事務員KAEHAです。

さて、本日は発電機についてです。
当社のグループ会社(㈱ジェーピージェネレーターズ)で取り扱っている発電機には
72時間連続で動き続けることができる長時間発電機『PG900i-72h』という商品がありますが、
災害の時にはこの72時間がとても大事だといわれていますね。
でも普通の発電機は4時間位しか動かないのを知ってましたか~。
とは言え、いざと言う時に発電機があると安心ですよね。
発電機は災害のために用意しているけど、眠っている・・・。
なんて方も多いのではないでしょうか?
防災3要素なんて言葉があるくらいで、
 (1.発電機の使い方が分からない・2.発電機が動かない・3.何処にしまったかわからない。)
私自身、発電機を動かしたことがありません!
ということで、営業みーさんがホームセンターでも売られている発電機(ヤマハEF900is)を動かすところを撮ってきました!
  
最初にオイルを入れなくてはいけません。
発電機の後ろをドライバーで外して、オイルを入れるところは赤枠です!

 
こちらの発電機(ヤマハEF900is)のオイルは350ml入ります。
ちなみに、当社の【長時間発電機】にはオイルが720ml入ります。倍近く入ります!!!

 
目安は本体にも記載されていますが、なみなみいっぱいです。
ちょっと入れすぎてあふれてしまった時は慌てず、拭いていただければ問題ありません。

ちなみにこちらのヤマハの発電機のオイルのかたさは10W30(自動車と同じ)です!!!
左が新しいオイル。右がオイル交換する際に出てくるオイル。
こんなにも色がにごるんですねぇ!!!
定期メンテナンスにお越しくださいね☆

後半はまた次回

キャンピングワークスロゴ_HP